ガラス職人のオリジナル香水瓶

こころだけではなく、からだにも環境にもやさしい香りだから、永くたのしんでいただき紡いでいただきたい。

あなたの大好きな人へ、次の世代へと紡いでいただけるように、ガラス職人がひとつひとつオリジナルで製作しています。

jote Original perfume bottle

MORE

PROFILE

若鍋佳子(ガラス職人)

千葉の流山で生まれ育つ。小さい頃から物作りが好きで、小学生の時に行った沖縄旅行で初めてガラスに出逢う。熱く溶かされた物が涼しげな物に変わっていく事に魅了されたのを覚えている。


大学では工芸文化を学び、趣味でガラスのバーナーワークを習いはじめ、小さなビーズから作り始め、吹きガラスなども習う。その後、ガラスメーカーに勤める叔父の導きもあり、ベテラン職人の側で技術を学びながら職人として仕事にしていった。

2010年より、自分が思いついた物や思い出に残したい物、ストーリー性のあるものなどを自由に作品にし、個展を開く。現在もガラスメーカーにてアクセサリーや手加工品を作る職人として勤めつつ、地元流山にアトリエを持ち制作している

1 6
1 3
1 12
1 6
1 6

Instagram